洋菓子

【清月】ちょっと変わったバームクーヘン「蝦夷めぐり」

 

清月は、北海道北見市にある老舗のお菓子屋さんです。

こちらのお店の商品はどれも人気がある商品ばかり。

 

このお店の目玉商品「赤いサイロ」は、カーリングのモグモグタイムで全国的に有名になりました。

 

こちらのも北見市の銘菓「清月」さんの商品です。

今回は私の一番のお気に入りでもある「蝦夷めぐり」をご紹介します。

 

本当にバームクーヘン?見た目が独特

私のオススメがこの「蝦夷めぐり」です。

北海道を感じさせるネーミングだと思いませんか?

箱自体はとてもシンプルですね。

洋風なバームクーヘンのパッケージとは思えないほどレトロな雰囲気です。

 

バラでも売っていますが、今回は9個入りを購入しました。

 

中に入っていた紙には説明書きが!

全国菓子博覧会 大臣賞受賞銘菓なんだそうです。

(好きなくせに、いま知りました…汗)

 

パッケージにはアイヌ民族のようなイラストが描かれています。

ますます北海道らしいです。

北海道土産としても喜ばれる一品ですね。

 

このお菓子は何なのか?

コロンと丸くて可愛らしい形。

片手に収まる大きさです。

包装だけではどんな食べ物なのかわからないですよね。

 

実はこれ、バームクーヘンなんです。

…うん?

バームクーヘンってこんな形だったっけ?

 

中身が見えないのでわかりにくいですが、なんか思ってるものと違うかも!?

 

ちなみにバームクーヘンとは?

ここでバームクーヘンについて確認してみましょう。

中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。

 

たしかに、ドーナツ型で年輪のような見た目が特徴的ですよね。

では包装を開けて中身を見てみます。

 

 

こちらのバームクーヘンは、中にクリームが入っています。

生地もよく見ると年輪のように巻いてありますね。

 

バームクーヘンとクリーム。

 

相性もバッチリです!!

 

同じ職人が焼き続けるバームクーヘン

「蝦夷めぐり」は、40年以上の人気を誇るバームクーヘンの巻菓子。

25年以上も同じ職人が焼き続けていんだそうです。凄いですよね。

 

味はオレンジクリームとチョコクリームの2種類。

中のバタークリームは北海道産のフレッシュバターを使用しているんだそうですよ。

ちなみに、私のオススメはオレンジです。

 

見た目は生クリームのようにも見えますが、食べるとオレンジのほのかな風味が。

食べやすいサイズなので、お腹が空いたときにペロッと食べらます。

 

巻き巻きバームクーヘンをぜひご賞味あれ♪

蝦夷めぐり

(蝦夷めぐりのお取り寄せは、公式サイトのみとなっています)

 

清月の赤いサイロも、ぜひチェックしてみてくださいね。


 

清月 一番街本店

北海道北見市北1条西1丁目

TEL:0157-23-3590

FAX:0157-23-3558

ホームページ: http://www.seigetsu.co.jp/