魚介類・水産加工品

ぷりっぷりの海老がたまらない!!久米島の車海老

 

お正月に実家に帰ったときに父が、

「海老あるぞー!」

ということで海老を食べました。

 

普段は甘海老ばかり食べている私。

車海老を食べるのは、もしかしたら初めてかも。

今回は、「久米島の車海老」をご紹介します。


 

おきなわ久米島な車海老

沖縄県は全国一の車海老生産地です。

なかでも久米島は、全国の15%を占めています。

車海老イコール久米島、というくらい有名みたいですね。

 

久米島海洋深層水で生まれ育った車海老は、きれいな海水と太陽の光を浴びてすくすく成長していきます。

 

車海老にとって最適な飼育環境を保つため、メンテナンス作業など、徹底的に管理しているそうです。

 

餌の仕入れ先にもこだわり、抗生物質も一切使用していません。

 

解凍するときは流水解凍で!

 

新鮮な車海老は、もちろん生で食べることができます。

 

ただ、注意してほしいのが、解凍の仕方。

常温解凍はNGです。

 

私は父が冷蔵庫に入れていてくれたのですが、結果的に解凍になってしまいました。

あまり気にしていなかったのですが、常温解凍すると黒くなってしまうようですね。

 

無知な私が悪いのですが、食べる前から失敗しました。

 

気になる箱の中身は?

 

もったいぶりましたが、中身はこんな感じです。

25匹、26匹くらい入っています。

 

見ておわかりのように、頭とお腹のほうが黒くなっています。

私は最初、黒い海老なんだと思っていました。

 

早速、食べてみました

 

大きさはこのような感じです。

調理しても美味しそうですが、今回はこのまま食べてみます。

 

殻を剥いてみました。

 

殻のままだと少しグロテクスでしたが、剥いてみるといい感じです。

身はぷりっぷり!!

弾力がある歯ごたえです。

 

噛めば噛むほど、口の中に旨みが溢れ出します。

もっと早く食べれば、もっと美味しかったのかも。

そう思うと、後悔がよみがえります。

 

今度食べるときの教訓として、次に活かさなくちゃですね。

 

おすすめレシピもついてくる

私は料理はあまり得意ではないのですが、レシピがあると「作ってみようかな」と思えます。

 

塩焼き、天ぷら、サラダといろいろなバリエーションあるので、たくさんあっても飽きずに食べられそうですね。

 

「車海老の香草パン粉焼き」がとくに気になりました。

 

ギフトにぴったり!選べるサイズは4種類

海老の大きさは選ぶことができます。

小・中・大・特大の4種類です。

なぜが大サイズだけ値段がお高めなのですが、稀少だからなのでしょうか??

 

すべて500gですが、そんなにたくさんいらないよという場合は、250gも選べます。

1人で食べる場合は、250gでも満足できそうですね。

値段もお安めなのが嬉しいです。

ごちそうさまでした(^^)

 


 

店舗情報

久米総合開発株式会社

住所:沖縄県島尻郡久米島町字北原1

電話番号:098-985-3254

営業時間:08:30~17:00 土日は正午まで

 

送料

紹介した商品は、Amazon・楽天市場ともに送料無料