MENU

川俣軍鶏(シャモ)白湯中華そばを実食レビュー|「なみえ焼きそば」の製麺技術を活かしたラーメン

川俣軍鶏白湯中華そば

今回は鶏白湯ラーメンが食べたくてお取り寄せできるものを探しました。

私は、鶏白湯や豚骨ラーメンといった、白っぽい混濁系のスープが大好きなんです。

今回ご紹介するのは、「川俣軍鶏(シャモ)白湯中華そば」です。

公式サイトと楽天市場などでも購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

「川俣軍鶏白湯中華そば」とは

「川俣軍鶏(シャモ)」は、福島県民に愛されるプレミアムブランドです。多くの料理店からの評価が高い高級食材ともいわれています。

川俣軍鶏(シャモ)白湯中華そばは、製造している「めんの旭屋」は、ご当地グルメ「なみえ焼そば」の浪江町唯一の製麺工場でもあり、「川俣軍鶏」と「なみえ焼きそば」の製麺技術を活かしたラーメンです。

きのぴー

この高級食材を味わえるラーメンが
どんなものか気になる!

さやか

すぐに購入したので、
早速レビューしていくよー!

\今回は楽天市場で購入しました/

なみえ焼きそばの旭屋
(スポンサーリンク)
目次

「川俣軍鶏白湯中華そば」が届いたので開封

5日に注文して、10日に届きました。

届け先は北海道なのに発送が早かったです。

クロネコヤマトのメール便で届きました。

封のところに「なみえ焼きそば」とシールが貼ってあったので、「あれ?焼きそば頼んだっけ??」と思ってしまいました。笑

では、箱から出してみます。

チャック付きビニール袋の中に、麺・スープ・説明書が入っていました。

中から出したらこんな感じ。

4食分なので、麺が4玉、スープの袋が4つです。

麺は110g/1玉、スープは35g/1袋。

説明書には、川俣軍鶏の説明と作り方、原材料などが書かれていました。

「川俣軍鶏白湯中華そば」の原材料

【めん】
小麦粉(国内製造)、還元水あめ、食塩、小麦グルテン、乾燥卵白/酒精、かんすい、加工でん粉、着色料(クチナシ)、(一部に小麦・卵を含む)

【スープ】
チキンエキス(国内製造)、食塩、還元水あめ、鶏がらスープ、植物たん白加水分解物、しょうゆ、鶏油、発酵調味料、香味食用油、香辛料、酵母エキス/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)

麺は細め。1本1本が細いため、小さくキュッとした感じです。

麺は黄色で、ちぢれ麺ですね。

スープは、鶏白湯。パッケージはシンプルです。

賞味期限は、麺とスープが入っていたチャック付きビニール袋に記載されています。

私が購入したものは、賞味期限が約3ヶ月ほどありました。

調理開始

①沸騰したお湯に、麺をほぐしながら1分30秒ほど茹でます。

細い麺でしたが、茹でるとボリュームが出てきましたね。

②器にスープを入れて、210ccの熱湯を注いでよく溶かします。

スープが顔を出しました。

豚骨ラーメンのスープのようなキレイな色。

熱湯を入れますが、私は少し多くしてみました。

ラーメンができあがり

具材がなかったので、卵とネギで彩りを加えてみました。

素材がいいから、何をしても美味しそう!

麺はもちっとしていて、喉ごしがとてもいいです。

麺の細さは、まったく気になりませんね。

柔らかくて食べやすいです。

スープに油が浮いているのがわかりますか?

スープには、チキンエキスがたっぷり入っていますが、くどいとか脂っこいとかはまったくありません。

軍鶏の旨味がたっぷり味わえます。

全部飲み干したくなる美味しさです。

味がわからなくなったら困るので、卵は最後に崩しました。

卵を入れると、さらにまろやかに。卵との相性も悪くないです。

おにぎり兄弟

ごちそうさまでした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道から発信しています。お取り寄せと旅行が趣味です。美味しいものをみなさんにおすすめしたくてレビューや情報をまとめています。楽天市場や公式サイトで販売しているものが中心です。(楽天はダイヤモンド会員)

目次