ヘアマニキュアで白髪部分を染める!無添加白髪染め「綺和美」の使い方&ビフォーアフターを紹介

白髪を染めるときに、このようなお悩みはありませんか?

  • 美容室に行く時間がない
  • 頭皮がヒリヒリするのはイヤ!
  • ヘアカラー材特有の匂いが苦手
  • 手や服、床などが汚れる
  • 染まるまで待つ時間がもったいない
  • 市販の白髪染めはめんどくさい
  • 周りにバレないように徐々に染めたい

白髪染めに対して、このように感じている方が意外と多いんですよね。

さやみみ
私も頭皮のピリピリ感が苦手で染めるのが怖いです…でも白髪は気になる…

そこでおすすめなのが、無添加白髪染め【KIWABI(綺和美)】です。

白髪染めでよくあるお悩みを解決してくれます。

家事や子育てが忙しい方や、髪や頭皮にやさしい白髪染めを探している方にピッタリのアイテムなんです。

【KIWABI(綺和美)】を実際に使ってみたので、商品の使い心地や使い方、使用したビフォーアフターもご紹介します。

綺和美はどのような白髪染めなの?

白髪染めといってもかなりたくさんの種類がありますが、【KIWABI(綺和美)】はどのような白髪染めなのでしょうか?

注目したいポイントを5つにまとめてみました。

綺和美がおすすめな理由
  1. 天然成分・無添加
  2. 髪や頭皮に負担の少ないマニキュアタイプ
  3. 22種類の天然植物エキスで髪の栄養補給
  4. 手に付いてもすぐに落とせる 
  5. 白髪染め特有の匂いがしない

【KIWABI(綺和美)】は、マニキュアタイプの白髪染めです。

ヘアカラーとヘアマニキュアの大きな違いは、髪の内側に色を浸透させるか、髪の外側に色を付けるかです。

ヘアカラーは内部までカラーが入るので色持ちしますが、薬剤を使用しているので髪や頭皮へのダメージが大きくなります。

マニキュアタイプは、髪の表面に色素が付着します。髪や頭皮をいたわりながら白髪をケアすることが可能です。

【KIWABI(綺和美)】は、配合成分や使いやすさなど、使う人のことを一番に考えた白髪染めなのです。

(スポンサーリンク)
目次

綺和美が届いたので開封!

ちょっと大きめのダンボールで届きました。

パッケージは黒の箱に金の文字。

なんだか高級感があります。

しいたけさん
お部屋にあっても白髪染めだと気づかないよね!

パッケージの裏には使用方法が書かれていました。

パッケージの横側には全成分の表示が!

【KIWABI(綺和美)】は、髪と頭皮の健康を第一に考えているので、負担を抑えながら白髪染めができます。

パラベンや合成香料などの7項目が無添加で、ノンシリコン処方を採用しているそうです。

さらに、22種類の天然植物由来エキスを配合しているので、髪には潤いを与え、頭皮を健やかに保ちます。

  • アルテア根エキス
  • オオウメガサソウ葉エキス
  • オクラエキス
  • オタネニンジン根エキス
  • オドリコソウ花エキス
  • カミツレ花エキス
  • カワラヨモギエキス

こちらほんの一部ですが、すべて髪や頭皮に効果が期待できる成分ばかりです。

パッケージの反対側には、注意書きとパッチテストのやり方が書かれていました。

ヘアマニュキアなので肌にやさしいのですが、万が一に備えてパッチテストを行いましょう。

綺和美のライトブラウン

箱を開けると白髪染め本体と、ハケが付いたブラシが入っていました。

30年以上、多くの美容院で使用されている「美容師御用達」のブラシなんだそうです。

液剤がついても、お湯洗いで簡単に汚れを落とせます。

綺和美のカラーは3種類。

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン

私は今回、ライトブラウンを使ってみました。

綺和美の使い方

では、まず使い方を見ていきましょう。

【KIWABI(綺和美)】は、お風呂場でもお部屋でも使用できますよ!

お風呂場での使用方法

  1. シャンプー後にしっかりと水気をふき取る
  2. 濡れた手のまま白髪部分に綺和美を塗る
  3. たっぷりと馴染ませて、そのまま10分ほど放置
  4. シャワーで流して、ドライヤーで乾かす

お風呂場なら染まるのを待っている間に体を洗うとことができるので、無駄がありません。

ぬるま湯で色のついた水が出なくなるまで洗い、しっかりと乾かしましょう。

塗る前に水分が残っていると色ムラの原因になります。
お部屋での使用方法

  1. ブラッシングで埃や油分を取り除く
  2. 手を濡らして白髪部分に綺和美を塗る
  3. 最初は30分くらい放置
  4. シャワーで流し、ドライヤーで乾かす

液剤を塗った後、ヘアキャップを被るとより効果的です。

おにぎりくん
どちらのやり方も簡単そう!
お部屋でもできるのは嬉しいね

白髪染めを自分でやると手間がかかる、という悩みも解消してくれます。

最後はシャワーで流せばOKなのですが、私はヌルヌルと肌に色がつくのが気になったので最後にシャンプーしました。

(色落ちしやすくなりそうなので、ぬるま湯だけで落としたほうがよさそうです)

綺和美ビフォーアフター

お待たせしました!【KIWABI(綺和美)】を使って私の白髪がどうなったのかをご紹介します。

まずは、私の髪データからお伝えしますね。

  • 太さ:太い
  • 硬さ:硬い
  • 毛量:多い
  • 髪の色:真っ黒

かなりの剛毛で、美容師さんには健康的な髪だと言われます。

嬉しい反面、ヘアカラーのときは色が入りにくいのが悩みでもあります。

白髪は20代の頃から増えはじめ、30代後半のいまは、とくに前髪の内側に多く見られるようになりました。

さやみみ
白髪部分もけっこう太くてしっかりしています。

まずは、白髪染めする前の髪の状態をご覧ください。

綺和美の使用前(before)

表面もチラホラ白髪が見えるのですが、前髪をめくってみると、大量の白髪が出現します。

さやみみ
なんともお恥ずかしい姿を公開です…

実はしばらく白髪染めをしていなくて、そのまま放置していました。

では、【KIWABI(綺和美)】を使って白髪染めしたあとの状態を見てみましょう。

染めて洗い流して、すぐに撮影した画像です。

綺和美の使用後(after)

・・・すごくないですか!?

実はやるまで半信半疑だったのですが、ほとんど目立たないくらい染まっていました。

今回はとくに気になる前髪だけをやったので、後側(画像の右側)は少し白髪が残っています。

でも、差が歴然なのがわかりますよね。

2枚の画像を改めて見比べてみます。

before
after
さやみみ
徐々に色が入るんだと思っていたので、1回目でこの変化は嬉しいです。

ただ、私の失敗はライトブラウンにしてしまったこと。

元の髪の毛が真っ黒なので、もう少し暗めのカラーを選べばよかったと思いました。

蛍光灯に当たるとこんな感じ。

白髪の部分だけ明るめの髪色になっているのがわかりますよね。

この写真はわざと白髪部分を出して撮影していますが、髪を下ろすとほとんど気になりませんでした。

一回でしっかり色が入るわけではないので、繰り返すともっと自然に馴染むのかもしれません。

↓いつもの分け目にした写真です。

私はガサツでめんどくさがり屋なので、けっこう雑に塗ってしまいました。

それでも、これだけ染まっていたので大満足です。

ただ、カラーマニキュアはシャンプーなどの影響で、少しづつ色落ちしていきます。

白髪が目立ちそうになったら、また試してみたいと思います。

今回はチューブの1/3くらいしか使いませんでした。まだまだ楽しめそうです。

綺和美を使ってみた感想

私は部屋で使用しました。

自分で染めるのが面倒で、久しぶりの自宅染めだったのですが、いつもよりもラクにできました。

使用してみて感じたことをご紹介します。

①汚れにくいのが嬉しい!

使用してまず驚いたのが、液だれしないこと。

たれてこないので、塗っているときも、待っている間も、気にせず自由に動き回れます。

おにぎりくん
固めのクリームだから安心!

コームにつけて、そのまま使えるので、コームとハケの両方を使えば、ほとんど手も汚れません。

さやみみ
生え際を染めるときに、おでこにガッツリついてしまいましたが、洗髪したときにキレイに落ちていました。

液だれして床や壁についてしまったら、落とすのは至難の業です。

液だれしないのは本当に大きなメリットだなと感じました。

肌を濡らしておくのがポイント

白髪染めの前に、おてごの生え際も少し濡らしておくとよいかもしれません。

ちなみに、私は手を濡らし忘れたのですが、洗髪したときには汚れも落ちていました。

ただ、なかなか落ちにくいので、肌に触れる部分は濡らしたほうがよさそうです。

お風呂の床もカラー材が残ることもなく、キレイなままでしたよ!

②匂いはほとんど気にならない

【KIWABI(綺和美)】は、白髪染め特有の匂いはあまり気になりませんでした。

ほんのりラベンダーの香りがします。

からあげたろう
部屋で行うと白髪染めしているのを忘れてしまいそう…

無臭ではありませんが、ヘアカラー材特有の匂いが苦手な人にとってはかなりの高ポイント!

ごはんも気にせず食べられそうです。

(※個人差がありますので、ご注意ください)

③肌の痛みは感じなかった

私は美容室でヘアカラーをすると必ず頭皮がピリピリします。しばらく痛みが取れないことも。

肌は強い方だと思うのですが…。

 

さやみみ
液剤の痛みが本当に苦手なんです…

【KIWABI(綺和美)】を使ったところ、痛みはまったく感じませんでした。

ヘアマニュキアだからというのもありますが、肌にやさしい成分を使っているからこそだと思います。

肌が弱くて心配な方は、必ずパッチテストを行ってから使用してくださいね。

綺和美でストレスフリーな白髪染めを!

【KIWABI(綺和美)】は、市販の白髪染めより高めのお値段です。

ただ、5年後10年後も髪や頭皮にダメージを与え続けることを考えると、決して高い買い物ではない気がします。

「髪や頭皮のダメージが気になる」

「白髪染めの刺激臭が苦手!」

このようなお悩みを抱えている方には、特におすすめしたいです。

【KIWABI(綺和美)】を使って、白髪染めのストレスから解放されましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる