レトルト食品

【山頭火】ラーメン屋さんのまかない飯が自宅で簡単に食べられる

 

まかない飯といえば、お店の従業員さんだけが食べられる特権ではないでしょうか?

お客さんに振舞われることはほとんどないので、食べたくても食べられないのが現状です。

 

飲食店のまかない飯が美味しくないわけないですよね。

そこで、まかない飯がお取り寄せできないのか調べてみました。

 

見つけたのが有名ラーメン店「山頭火」のまかないです。

どのようなまかない飯が食べられるのか、レビューしてみました。

 

山頭火監修ラーメン屋さんのまかない飯 塩豚骨スープ味120g×2箱セット 

 

 

ラーメン屋さんのまかない飯

 

なるべく作るのが簡単なものがいいなと思いながら見つけたのが、「ラーメン屋さんのまかない飯」でした。

北海道旭川市で人気のラーメン店「らーめん 山頭火」の監修による、ラーメンスープ味の炊き込みごはんの素です。

 

ちなみに「らーめん 山頭火」とは・・・

 

1988年3月に旭川にて創業。創業当時から、スープが最後まで飲める、チャーシューは肉の味がするなど「わかりやすく、誰にでも末永く食べ続けてもらえるラーメン」を基本にし、今日に至ってもその変わらぬ精神に基づいた味が愛され続けている人気のラーメン店です。
参照:ニッスイ

 

北海道で有名なラーメンの味を自宅で楽しめるのは嬉しいですね。

 

 

レトルトなので簡単に炊き込みごはんが作れる

 

炊き込みごはんは、作るのが面倒なイメージがありますが、これはレトルトパウチなので簡単です。

といだお米に加えて炊飯するだけ。

お米2合(2~3人前)用なので、十分な量を作ることができます。

箱の裏面に書いてある説明書を読むだけでも、簡単なことがわかりますね。

 

アレンジも自由自在

 

アルミのパウチにも、かわいいイラスト入りの説明書きがあります。

 

・まかない飯が残ったら、溶き卵と一緒にごま油で炒めてチャーハンに
・炊きあがったごはんにバターを落とせば、バターラーメン風味に

 

このほかにも、たくさんのアレンジ方法があるので、いろいろ試したくなりますね。

何度でも楽しめる味になりそうです。

 

 

炊飯器にレトルト具材を投入するだけ

 

いつも通りごはんを炊く要領で、お米をといでいきます。

炊飯器にセットしたら、「炊き込みごはんの素」を投入。

あとはスイッチを押して、炊きあがるのを待つだけです。

 

ゼラチン質の多いジューシーな豚すね肉やメンマ、きくらげなど具材がたっぷり。

ポークスープに、にんにくとごま油の香りをきかせているそうです。

 

バターと白ごまを振りかけて完成!

 

アレンジにあった、バターと白ごまを振りかけてみました。ついでにネギも。

お椀にバターはちょっと多かったですが・・・

あらびき黒こしょうが付いているのですが、味がピリッと引き締まります。

 

炊き込みごはんですが、ラーメンの味をが感じられて、ラーメン好きにはたまりません。

バターのコクが足されて、何杯も食べられそうな気がします。(入れすぎには注意)

 

本当に簡単に作れるので、これはもうリピート決定です。

 

山頭火監修ラーメン屋さんのまかない飯 塩豚骨スープ味120g×2箱セット